車の個人売買の注意点を紹介します

車を売る際には、中古車の買取販売店やディーラーに依頼する方法が1番に浮かびますが、最も高く売買したい場合では個人売買が適していることが言えます。間に中古車買取店やディーラーなどの業者が介入しないことから、売る側は高く、買う方は安く買えるのです。ですが、店舗での売買とは違うので保証ができないことが言えます。ネットオークションなどを利用する方が年々増加傾向となっていますが、やり取り内容や手続きによってはトラブルになり兼ねません。車の個人売買では何らかのリスクが伴うと言っても過言ではないので、そういったリスクや大きなトラブルが付き物だということを理解しておくことが大切です。車を高く売る1つの手として個人売買は有効的ですが、まず、複数の買取会社で査定見積りを出してもらうことをおすすめします。

車を個人売買するときに気を付ける点

インターネットオークションが普及したことに加えて、消費税の値上げによって車の個人売買が注目を集めています。個人売買でトラブルにならないためにも、売る側買う側のそれぞれでどんな点に注意したらよいのか知ることが大切です。まず、売る側では正確な車両の状態を開示することが求められます。虚偽の記載をして売った場合、相手側から訴えられる恐れがあります。外装に大きな傷は無いかや内装はきれいな状態か、正確な走行距離は買い手にとって最も着目する点だと言えるので、きちんとした情報開示が大切です。買う側では、提示されている金額が中古車価格で適正かどうか調べる必要があります。個人売買をしている車のなかにはとんでもない値段をつけている場合もあるので、中古車販売の適正な金額を知っておくことが求められます。

代行者に車の個人売買を依頼することで面倒な手間が省ける

ネットオークションのなかには、素人が参加できるものと業者しか参加でできないものとあります。オークション代行業者にお願いすることで、出品から落札後の名義変更までの一通りを行ってくれるので安心です。代行業者を挟む際には手数料はかかりますが、個人売買その他の諸費用はかからないので、高額で売買できると言えます。出品できるオークション会場は業者によって異なりますが、依頼者の車が売れやすい会場を選んでくれることから、需要が高い場での出品となり高値で売れることが期待できます。ですが、落札者がいなくても手数料は支払わなくてはいけないので、場合によっては赤字となることも考えられます。また、車のローンが残っている状態でオークションに出すことはできないので、ローンの全額返済が必須となります。