車を個人売買で買う場合の危険性をまとめてみた

車を個人売買するときのメリットは、中古販売店で売買するよりも高く売れることがあるというところです。一般的には、車を中古車買取店に売ると、複数の業者を介して次の買い手に渡っていきます。その間に諸経費などの中間マージンが次々に上乗せされていき、その結果、次の買い手の車の購入価格は、売却価格よりも相当高い金額になってくるのです。逆に、個人売買すると、諸経費や中間マージンなどの手数量がないので買い手に直接車を売る事が出来ます。そのため、中古車買取店に売るのよりも高く車を売ることができるのです。また、ネットオークションで車を売ると、人気の車ならば入札競争が激しくなり高値で売れる事も有るのでおすすめです。同じように、個人売買で車を買う場合も、上記と同じような事が言えます。業者を介さずに直接取り引きを行うので、中古車販売店で購入するより基本的に安く買うことが出来るのです。

車を個人売買するとデメリットもあります

車を個人売買すると、現状引き渡しを行うことになります。そのため、購入後はすぐに故障するような事があります。なぜならば、個人売買では売り手が車を整備してから取引を行うということは稀で、そのままの状態で引き渡す現状引き渡しが基本になるからです。そのため、車の状態によっては、購入後すぐに故障等のトラブルに合う可能性も有ります。そのため、車の状態を判断できないような、車についての知識が乏しい方は、個人売買はあまりおすすめできない購入の方法です。また、予備車検の付いている車なら安心と思っている人もいますが、予備車検とは登録してない車を車検にだけ通す手続きなので、車検と整備は別であり予備車検に通ったからと、その車が故障しないという保証はどこにもないのです。しかし、車検が書類手続きのみで済むというメリットも有ります。

状況によっては業者の方がいいときもあります

個人で車を売買すると、業者がやってくれることを全部自分で行わなければいけないので、手間と時間がかかります。特に、商談やオークションの経験があまりないという人は手を出さない方がいいかもしれません。見ず知らずの相手との車の売買なので、相手がどれだけ信用できるのかがわからないということもあります。そこで、個人売買をするときは慎重に進めものです。個人売買は名義変更の時の手続きの不備があるかもしれないし、入金も確認しなければならず車本体の整備不良もあるでしょうから面倒なことも多いです。さまざまなリスクを考えると、個人売買より業者にお願いした方が無難ですが、車を買う側は安く購入したいし、売る側は高く売却したいものです。さらに、一括査定を使うと、思いの外高額な金額で買ってもらえることも多いですので、まず買取業者へ見積もりを依頼してから、納得のいかない時の奥の手として個人売買を考えることをお勧めします。