車を個人売買で買う時に必要なもの

車を売りたい、買いたい人が高く売って、安く買うことができるのが個人売買です。中間業者をはさまないので手数料をはぶくことができるからです。しかし、個人でのやり取りでは代金のやり取りや車の引き渡しなど、どんなタイミングで行うのが正しくて、トラブルにならないのかで悩むでしょう。企業でないからこそ、自由なのですが、ある程度決めておかないとそれこそトラブルの元になります。そのためには基本的にお金のやり取りと車の引き渡しを同時に行うようにしたほうがいいでしょう。入金したのに車が届かない、車を届けたけど入金がないというお互いのリスクを回避するためには売買の話をするときに、引き渡しと支払いを同時に行うということを伝えておくのを忘れないようにしましょう。書類の引き渡しは後日郵送するなどします。

便利なサイトを利用してリスク軽減

車の個人売買ができるサイトがいくつかあります。システムの一例としては、車を売りたい人と車を買いたい人が直接取引できるように、売りたい人の専用ページに買いたいとメッセージをした人とやり取りができるようになっているのです。そして商談成立かどうかも、売りたい人が独自判断で決めることができ、リアルタイムでその意思を伝えることができるのです。また、出品料は無料で、個人売買が成立したら登録から納車までを代行してくれるサイトもあります。サポートを受けることで書類の不備や個人売買の抱える問題が解決されます。売りたい車が大体いくらぐらいなのかを調べてもらうことも大切です。相場よりも安価で提示すれば買い手は早くつくでしょうが、下げ過ぎる必要はありません。相場の査定はプロにお願いしましょう。

売る人は準備する書類がたくさんあります

個人売買で車を売買する場合に必要な手続きは、事前に買いたい人も売りたい人もそれぞれ事前に用意しておくようにしましょう。名義変更もしないといけませんし、保険に加入します。そのためにはいろいろな書類が必要です。特に売る人の方が書類を多く用意する必要があります。自賠責保険証、納税証明、車検証、委任状、譲渡証明、リサイクル券、住民証などで、場合によっては役所や自動車税管理事務所、運輸支局など、いろいろなところに足を運ぶ必要があります。委任状などは国土交通省のHPで入手することも可能です。買う人は車庫証明や実印、印鑑証明が必要です。もし実印をもっていないのでれば、作って、役所に届けなければいけません。書類関係が揃ったら可能なら、車両を見せてもらいましょう。走行メーターは売買価格に大いに関係しますので、走行メーター管理システムなどを確認してみるのもいいでしょう。