個人売買で車を買うおすすめサイトまとめ

車を買う時は、ディーラーに出向いて新車を購入する方や、中古車屋で購入する人、インターネットのサイトから購入をする人など様々です。そして個人売買で車を購入する方もいらっしゃいます。個人売買をする場合、車両価格に消費税がかからないというメリットもありそういった方法で購入する方も増えています。車を買うのは初めてで、詳しい手続きがあまりよく分からないという方には個人売買専用のフリーマーケットを実施している企業もあります。そういったサイトを利用し、売買を行うのも良いです。車の個人売買は金額も高額になりますのでトラブルになる事もあります。始めに個人売買の方法や必要書類などをしっかり勉強しておくと良いです。そして、自分が車を売る場合は自分の車の相場をしっかり把握しておくことが大切ですので中古車のサイトなどで自分の車と同じタイプがいくらくらいで売られているかを見ておくと良いです。

車を個人売買する時に必要な物や書類

車を個人売買する場合に必要な書類や物があります。事前にしっかり準備しておくことで手続きがスムーズに済みますし、トラブルにならずに済ます。車を買う側も売る側も両方に必要なのが印鑑証明になります。それ以外にも委任状や、税金の納付証明書、車検証など様々な書類が必要になります。車の個人売買はインターネットで検索をかけると詳細が書かれていますので一つずつチェックしながら書類をそろえると間違いが無くて良いです。書類は手元にある物と役所などで交付してもらわなければいけない物とがあります。平日仕事をしている人はなかなか行けないですので早めに準備をしておくことが必要となります。そして車を売る側が必要書類をそろえて記入などを行い、名義変更は車を買う側が行うとスムーズに事が進みます。

車を個人売買する場合のメリットを紹介します

車を個人売買する人は、中古車を買う人の中でおおよそ10%くらいと言われています。その中の多くはネットオークションで車の売買を行っています。ただオークションでは実際に落札してから商品が届くので、写真と実物に違いがある可能性もあります。それでも個人売買をする人がいるのは車を個人売買する場合、店頭には無いメリットがあるからです。車を個人売買するメリットは、なんと言っても価格です。売る側は高く、買う側は安く買えます。当然、中古車やから買うと仲介手数料が発生するのでその分、高くつくわけです。個人売買にはそういったことは無いです。それ以外にも消費税がかからないというメリットがあります。車はある程度高額ですのでかかってくる消費税も高いです。消費税がかからないのは嬉しい限りです。それ以外にもマニアが持っている希少価値が高い車が売られることもあります。